フォト

最近のトラックバック

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 『ゲッペルスと私』そして、『ヒトラーを欺いた黄色い星』 | トップページ | 大原富枝著『めぐりあい』 ~日本文学が描く遊郭の女と日本人「慰安婦」~ »

2018年9月16日 (日)

#Me Too(タッグハッシュ・ミーツ―)、埼玉東部でも

埼玉県草加(そうか)市と、加須(かぞ)市で「『慰安婦』問題の講演会が開かれた。夏の暑さにも負けぬ人々が企画し、集い、性暴力被害の歴史を次世代に受け継ぐ、ハリウッド女優から始まった、さしずめ“埼玉東部版” Me Tooが行われた。

酷暑、そして酷暑の疲れが残る時期、会場はどこも満員だった。それには企画、取り組みに対する実行委員の並々ならぬ奮闘があった。

 

私は1976年に埼玉第4区から衆議院選挙に立候補した。加須は埼玉4区の北の拠点だった。また、草加(埼玉1区)は私の政治家としてスタートを切った八潮市に隣接する。どちらの講演にも知人友人が多数かけつけて下さった。

2018

(写真・パネル展に見入る人々)

Photo_3

(写真・草加で講演する吉川)

 

<草加の講演会>

 

パネル展「軍隊は女性を守らない~沖縄の日本軍慰安所と米軍の性暴力」

820日(月)~26日(日)

2次大戦中無数に作られた沖縄の「慰安所」や、今日も米軍基地で多発する女性への性暴力が数十枚のパネルにまとめられている(wam「女たちの戦争と平和資料館」制作)。

江戸時代大名行列が通った有名な松並木沿いにある「草加文化会館」の、1Fフリースペースギャラリーに展示されているので誰でもふらりと立ち寄る場所。市民が食い入るようにパネルを読んでいる姿が印象的。「日本軍『慰安婦』問題早期解決を求める会」が2013年から展示会を開く。「自分たち自身の学びの深まりと来場者の真摯な感想に励まされ」今年で5年目(山内かづ子事務局長)だという。

 

DVD「蘆葦(あし)の歌」~台湾元「慰安婦」阿まの人生の調べ~上映

822日(水)草加市民会館2階和室

 

講演会「憲法から『慰安婦』問題を考える~#Me TooそしてWith Youの世界へ~ 講師・吉川春子

825日(土)1Fレセプションルーム

 

 この夏特有の、うだるような午後だったが91人が参加し会場は満員だった。しかもその中29名の方から感想文が寄せられた。日本人「慰安婦」についての感想が最も多かった。一部を以下に掲げる

 日本人「慰安婦」が名乗り出ないのが疑問だったが、その背景を考えることができた

 日本人はお金をもらい仕事としていったというような感覚でいた。今日の学習でそうでない事実、そうであっても差別につながる考え方に反省した

 「遊郭」について息子とも話してゆかなければと思う

 日本人の「慰安婦」が被害者が名乗り出ても誹謗・中傷をさせない社会をつくる

 バスケットボール選手がインドネシア女性を「買春」したニュースは、日本軍性奴隷制度の問題と地続きではないか

 女性は戦争で被害を受ける側なのに女性の投票率が減っていることが大変心配

 ソ連兵に日本女性が性の奉仕を強制させられた番組を見たが戦争と性犯罪は切り離せない。今日の会場に男性の参加が多くて嬉しかった

 2001年の野党3党法案に日本人「慰安婦」を含めることに何故、民主、社民が反対したのか疑問

 「慰安婦」問題を人権問題として勉強したが、憲法とのつながりは初めての学習でよくわかった

いろいろな感想が寄せられ私もとても勇気づけられた講演会であった

 

<加須の講演会>

 

2018年9月8日(土)、2018「連帯のつどいin加須(かぞ)」は、埼玉県加須市の「市民プラザかぞ」でおこなわれた。参加人数は170名。近年、当ゼミナールの企画する講演会としてはかなりの参加者の多さであった。

Photo_4

Photo_7

(写真上・会場全景、写真下・慰安婦の肖像に見守られ講演する吉川)

 

    素晴らしい会場、実行委員の活躍

 

北千住駅から東武線で約60分、加須駅で降りると駅前には今日の講演会のビラをプラカードに張り付け案内の人が立っていた。十数メートル歩くと、もう一人案内の人がいて、参加者が全く道に迷わない配慮がされていた。

 

私が会場「市民プラザかぞ」3Fでエレベーターを降りると多目的ホール、入口には9人ほどの受付の人がズラリと並びまた、少し離れた書籍売り場には3人が配置されていてお客様を迎える体制が充実していて度肝を抜かれた。

 

講演会場は階段式で、前面は広い舞台と大きなスクリーンでパワーポイントの文字も大写しになる。スクリーンが天井より降りてきて、しかも下が床面より1メートル以上高いので、後ろの席の人にも良く読める。

 

美しい朝鮮民族踊りから連想すること

 

2

Photo_8

オープニングは広い舞台を縦横に使って朝鮮女性同盟会員による「舞」が披露された。私に聞き覚えのある曲「トラジ」等にのって美しいチマ・チョゴリの裾を翻して、笑顔を振りまきところせましと踊る。AALAの新年会ではいつも見ているが、この日は会場が広く豪華なので一層踊りが映えた。

 彼女たちが「慰安婦」にさせられたのね…と誰かがつぶやいた。あの当時若い朝鮮半島の女性達が挺身隊の名で「慰安婦」に連れ去られた忌まわしい歴史と、目の前で踊る女性達が二重写しになる・・・

 

   「慰安婦」達に見つめられて

Photo_6

Photo_3

(写真上・広々した会場、写真下・吉川背後の「看板」は柴田広子さんの書)

 

 舞台の横には、埼玉の元教師が書いた「慰安婦」の肖像画が数十枚壁面いっぱいに張り出されていた。いつも来日すると、あるいは韓国でお会いすると近寄ってきてハグをするイヨンスさん、2000年国際女性戦犯法廷で証言中にPTSDの症状が出て、卒倒した・万愛花さん、インドネシアで親しくお目にかかった・マルディエムさん、後藤ひろみさんが紙芝居に仕立てた・コウコウレンさん…説明すれば私の頭に次々に浮かんでくる彼女たちの過酷な人生…彼女たちに見守られて私は講演をした。

 

   共催という形

 

この集いは、埼玉県アジア、アフリカ、ラテンアメリカ連帯委員会(埼玉AALA)と、「慰安婦」問題とジェンダー平等ゼミナールの共催である。

実行委員会は3回持たれ、私自身も3回目は出席した。リストアップしたチケット販売協力者30名超、また約20の民主団体への集会後案内等の協力要請で参加状況を予めつかんだ。参加者は170名で、内容的にも大成功だった。


その背景にはAALAの組織と、30年近く「慰安婦」問題に取り組んできた実績~金学順さんを韓国から呼んで証言を聞く会を持ち、「ナヌムの家」という初期の映画会開催、毎年1万人前後の署名を国会に届け続けたその他、その他…すべての事がこの集会に結集されているのだ。


「慰安婦」問題は終わってはいない。終らせてはならない。私はこの集会から改めて勇気をもらった。(吉川春子記)

Photo

(写真提供―草加は山内和子さん、加須は佐藤龍雄さん)

 

 

« 『ゲッペルスと私』そして、『ヒトラーを欺いた黄色い星』 | トップページ | 大原富枝著『めぐりあい』 ~日本文学が描く遊郭の女と日本人「慰安婦」~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584638/67175551

この記事へのトラックバック一覧です: #Me Too(タッグハッシュ・ミーツ―)、埼玉東部でも:

« 『ゲッペルスと私』そして、『ヒトラーを欺いた黄色い星』 | トップページ | 大原富枝著『めぐりあい』 ~日本文学が描く遊郭の女と日本人「慰安婦」~ »