フォト

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 女性参政権獲得百年、イギリスの旅その2 | トップページ | 「女性参政権獲得」百年のイギリスの旅(最終) »

2018年6月28日 (木)

女性参政権獲得100年のイギリスを訪ねて、その3

 

   マンチェスター市議との懇談

 

     マンチェスターは、伝統ある労働者の町 

   

マンチェスターは人口541,319人、日本でいうと政令指定都市には入らない規模の中堅都市といえる。労働者の町である、労働党が圧倒的に強い。

最近上映された映画『マルクスとエンゲルス』のエンゲルスの父親が社長の工場がマンチェスターにあった。マッチ工場の女工のストライキが社会を揺るがした。

こうした労働運動だけではなく、女性参政権という、上流女性の要求運動も大きく発展したことは、相互に関連があるからであろう。

パンクハースト夫人は後の共産主義者となる次女のシルビアが女性労働者と連繫することを許さず、運動のたもとを分かっている。しかし、労働者階級の女性の戦いが、女性参政権獲得の一定の力として働いたことは否定できないだろう

Photo_9  

Photo_10

(写真上・マンチェスター市議会、写真下・市議会の廊下、天井が美しい)


 

サンドイッチのランチで懇談

 

12時市庁舎の建物の近くでマンチェスター市議会議員が10名参加して、私たち一行と懇談した。なかなかおいしいサンドイッチと飲み物(ジュース等)の軽食をとりながら日本人とイギリス人が56の丸いテーブルにそれぞれ交じって座った。(しかし、中には日本人の癖で自分の知り合いとだけで同じテーブルを囲んだりして、あとで仲間から批判が出た)通訳は中村氏。


 

議員の男女比はほぼ半数ずつ

 

 

市議会議員の定数は96人。そのうち女性が47人(48.9%)、男性が49人(51%)でほぼ半分ずつの割合である。女性議員が増えてすべての委員会に女性が所属しており、姿勢に女性の意見が反映されている。

マンチェスターでは選挙の供託金はない(0円)。だから女性の議員が多く立候補して当選できるのだ。日本とはえらい違いだ。日本は供託金がとても高く女性は立候補できない現実。

Photo_11

写真・市議会を案内する議員と、通訳の中村氏


 

     市議会議員は無報酬!

 

マンチェスター市議会議員は報酬がない。だから全員が別に仕事を持っている。フルタイムは委員会の責任者だけで、この議員には特別手当がついている。

日本では市会議員は片手間では務まらない。年4回定例議会は条例や予算、決算でかなり忙しいし、専門知識が要求される。市議を経験している私は、無報酬で、他の仕事と掛け持ちをしていると聞いてとても驚いた。

マンチェスター議会は会期制だ。任期は普通は4年だが、1年、2年の場合もある。4年に3回選挙がある。最高得点を取った候補者は4年、2番目は2年、最下位は1年、というふうに。

 

イギリスにクオータ制がない理由

 

女性の地方参政権は、国政より数十年早く与えられている。女性議員を増やすことに各党の中央で取り組んでいる。女性50%、男性50%にして、勝てる選挙区に女性を立てる事に取り組むが、一方女性を優先的に立てることは男性差別という声がある。しかし、女性参政権が与えられて100年の歴史があるのに、イギリスの女性議員は3割強で、国際比較では最も多いグループではない。

クオータ制の法律はイギリスでは絶対作れない。反対の議員がいるから。また、クオータ制は憲法違反だという法律ができた。なかなか歴史は一筋縄ではいかないものだ。

 

« 女性参政権獲得百年、イギリスの旅その2 | トップページ | 「女性参政権獲得」百年のイギリスの旅(最終) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584638/66879081

この記事へのトラックバック一覧です: 女性参政権獲得100年のイギリスを訪ねて、その3:

« 女性参政権獲得百年、イギリスの旅その2 | トップページ | 「女性参政権獲得」百年のイギリスの旅(最終) »