フォト

最近のトラックバック

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« | トップページ | 公文書館が内閣官房へ、慰安婦「連行」文書など19件182点提出 »

2017年4月11日 (火)

日本軍「慰安婦」博物館会議に思う

Photo_4

Photo_5

(釜山の「民族の歴史資料館」と下関判決について語る、写真下・各国から来た報告者たち)

 

201741日(土)、東京水道橋の在日韓国YMCA地下ホール・スペースで第1回日本軍「慰安婦」博物館会議が開かれた。博物館に関するシンポジュームはこれまでも開かれているが、「慰安婦」問題に特化した会議は初めてで、“第1回”と銘打っていることからも分かる。「慰安婦」当事者たちがこの世から徐々に姿を消して、証言を聞く機会は皆無になっても歴史を語り継ぐ博物館の役割は、さらに重大になる事だろう。

 

参加し報告したのは、①ナヌムの家 日本軍「慰安婦」資料館、②釜山の「民族と歴史資料館」、アクティブミュジアム「女たちの戦争と平和資料館」(文書報告)、➃南京利済港慰安所旧址陳列館、➄中国「慰安所」歴史博物館、⑥ヒウム日本軍「慰安所」歴史館、⑦台湾の「阿藦(アマ)の家平和と女性人権館」等である。

 

 「慰安婦」へ謝罪と補償を求める運動から生まれる

 

韓国で、中国で、台湾で、フィリッピンで、東チモールで性奴隷とされた女性達が名乗りを上げ責任と補償を求める運動の中で「慰安婦」博物館は生まれた。国など行政がその権威を誇り、あるいは自己の正当化のために建立された博物館とは一味違う。日本政府が認めたがらない旧日本軍の戦争犯罪、残酷に女性の人権、尊厳を踏みにじった事実を被害者の勇気ある告発を写真などでリアルに展示する。規模に於いては小さくともドイツの如くナチスの犯罪を後世に伝えるための資料館(国立)に目的は似ている。

Photo_6

(台湾「アマの家」建設について報告する人々)

 

 

 韓国の女性運動に脱帽

 

私は数回「ナヌムの家」の博物館に行った。リラ・ピリピーナのロラの家も行っている。また、「ヒウム歴史館」は、東学農民党のフィールドワークで大邱の街を歩いている時に建築中のこの「慰安婦」博物館の前を通り、翌年もう一度大邱に行き主催者にささやかなカンパを一行の気持ちとしてお渡しした。20151月に美しい日本家屋の町屋を改築して立派な建物が完成したとの報道をうれしく思った。

 

また釜山にある「日本軍『慰安婦』ハルモニたちのための民族と歴史館」の運動は、山口地裁下関支部判決として数ある「慰安婦」裁判で唯一勝利判決を勝ち取った。この判決に強く背中を押され私は「慰安婦」問題解決の立法の決意をして、他の野党とも連携して参議院に法案を提出した。もう韓国に行くことはない、と考えていたがとつとつと女性の語る釜山の博物館の運動を聞いてこの博物館には是非行ってみたいと思う。

 

こうした地道な博物館建立に取り組み成果を上げてきた韓国の女性運動に脱帽する。

今回も日本女性の運動への反省を迫られた会議だった。また抗して運動をしてきた韓国の被害者、女性達は、日韓合意の日本政府の中途半端な「反省」を到底許せないだろうとも考えた。

 

    日本女性の苦しみの歴史を掘り起こす運動を

 

この会議を主催したアクティブミュジアム「女たちの戦争と平和資料館」が日本においては唯一の「慰安婦」博物館である。松井やよりさんの遺産で10年は財政的にフォローできるがその後はむつかしい、と当初聞いていた。この博物館が末永く続いてほしいと願うのは私一人ではないと思う。私は「慰安婦」運動に携わってからNGOの運営する資料館、博物館へも補助金制度が必要と痛感しているが、今や立法府に居ない我身にとってなす術はない。

宗教法人への多額の国費が投入されている靖国神社の遊就館、税金で運営されている超豪華な建物の昭和館は、歴史認識と加害責任展示なしの重大な欠陥がある。強い矛盾を感じる。

自治体運営の博物館・資料館をウオッチして加害の歴史をきちんと展示させる事、できれば民間の力で地域にミニ博物館建立の運動を具体化できたらいいと思う。(吉川春子記)

 

Photo_7

(アメリカに何故少女像を建てるのか、報告する在米韓国の女性)

 

« | トップページ | 公文書館が内閣官房へ、慰安婦「連行」文書など19件182点提出 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584638/65137736

この記事へのトラックバック一覧です: 日本軍「慰安婦」博物館会議に思う:

« | トップページ | 公文書館が内閣官房へ、慰安婦「連行」文書など19件182点提出 »