フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 日本軍「慰安婦」博物館会議に思う | トップページ | 第62回埼玉県母親大会分科会 »

2017年4月23日 (日)

公文書館が内閣官房へ、慰安婦「連行」文書など19件182点提出

Photo_2

(東京都文京区グリーンコートの八重桜は今満開) 

 

417日、国立公文書館が日本軍「慰安婦」関連資料19182点を内閣官房に移管したと報じられた。

安倍内閣は衆議院議員の文書質問に答えて「政府が発見した資料の中には軍や官憲によるいわゆる強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」(2007316日)としているので、今回の公文書館の資料移管によって政府が嘘をついていることを明確に示すものとして注目を集めた。

 

軍隊の享楽に供した…売淫行為を強制された…

 

今回の資料とは、A級裁判(先の大戦で日本を破滅に導いた総理大臣とか軍の大将や幹部等の指導的軍人・政治家を東京で裁判にかけた)の「A級国際軍事裁判記録」には、以下のような女性への性暴力に関する記述が何点もある。

「モア島原住民殺戮、女性への強制売淫」、「中央ジャワ島」、「ポルトガル領チモール」等において、単数または複数の軍人により「軍隊の淫楽の供した」、「原住民婦人の強制売淫」、「娼家(「慰安所」吉川注)」、「婦女子に売淫行為を強制された」との戦争犯罪の記述がある

 

またBC級裁判(戦場で実際に残虐行為を行った戦争犯罪人を裁く裁判。夫々連合国が単独で日本の将兵を裁判で裁いた)判決等では、次のように記されている

例えば、「被告は婦人等に買淫を強制するため慰安所として知られている建物に閉じ込めた」、「被告は慰安所に於いて強制買淫させる目的で婦女子を誘拐した」、「被告は前記軍人及び市民に十分な監督を行うことを怠り、怠慢の結果、婦人を慰安所に宿泊させて買淫を強制した」の記述がある。

 

これらは裁判記録は公文書である。安倍内閣の「強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」と、「慰安婦」の強制連行を否定する文書回答は全く事実に反することが明らかである。

 

この期に及んでなお

 

この文書移管に対して内閣官房副長官補室の鳥井陽一参事官は「個別の資料の評価はしていない。全体として見ると、強制連行を直接示すような記述は見当たらない」と話した、という(2017.4.17東京新聞夕刊)。「個々に見ると強制連行はあるが全体としてはない」というようにも取れる詭弁の、意味不明なコメントではないか。

 

2007326日、私は参議院予算委員会で強制連行について安倍総理を追及した。「強制連行を直接示すような記述も見当たらなかった」と文書質問に答弁した10日後である。ドイツ在住のジャーナリスト梶村太一郎著『「慰安婦」強制連行』にオランダ軍法会議資料に基づく詳しい解説書があり、それを読む気さえあればこんな答弁はできるはずもない。

Photo_3

(梶村太一郎著『「慰安婦」強制連行』2008年6月・今回移管のバタビア臨時軍法会議資料を詳述する)

議事録を紹介する。

 

 

  ~~~~~~~参議院予算委員会議事録から 2007.3.26 ~~~~~~

 

吉川春子君 「強制収容所にオランダ人を収容し、その中から若い女性だけを選んで拉致して慰安所に連れて行った。…これは強制性に当たらないんですか。総理大臣」 

内閣総理大臣(安倍晋三君)このオランダ人の女性も含めてこの官房長官談話は出されているわけであります。ちなみに、軍がその事実を知って、直ちに慰安所を閉鎖したと、こういう事実関係があるわけであります。

 吉川春子君 軍が関与し、強制されて慰安婦にされたんですね

 内閣総理大臣(安倍晋三君) これは、つまりその事実を知って軍がその慰安所を閉鎖をしたと、こういう事実関係がございます。

   (中略)

 吉川春子君 甘言であれ、強制連行、拉致であれ、慰安所は日本軍管理の下、逃げられず、慰安婦とされた女性達は毎日レイプされたんです。ワシントンポストによれば、身の毛 がよだつような体験の証言をしたと、こう言っているんです。(*米議会での被害者3人(オランダの「慰安婦」含めて)の女性の証言)。これをもって強制性はなかったと強制性はなかったとそれでも総理はおっしゃるのですか。そのことを端的にあなたの考えを言ってください。

 内閣総理大臣(安倍晋三君)すでに私の考えは申し上げているとおりでありまして、河野官房長官談話で述べられている通りでございまして、この考え方を継承してゆくという事でございます。

吉川春子君 兵士による拉致、連行も河野官房長官談話の中に含まれているという事でいいですね。

(中略)

 

 吉川春子君 …オランダの事案も挙げました。どうですか      

内閣総理大臣(安倍晋三君)オランダの事案につきましては河野官房長官談話で述べられたとおりであります。

 吉川春子君 オランダの事案は、日本軍による拉致、連行によって慰安婦にさせられた事案です。それを安倍総理はお認めになったという事ですが、安倍総理、慰安婦の被害者の女性達が今何を一番望んでいるとあなたはお考えですか。

 内閣総理大臣(安倍晋三君)…常々申し上げておりますように慰安婦の方々が辛酸をなめられたわけでありご同情申し上げますしそういう状況に置かれた事につきましてはお詫びを申し上げている通りであります。

 吉川春子君 今日までまだPTSDで苦しんでいるんですよ。日本政府に公式に謝ってほしいと思っているんですよ。総理、公式に謝る必要があるとは思いませんか。 内閣総理大臣(安倍晋三君)今、私はここでおわびを申し上げているわけでありますし、河野官防長官談話で申し上げている通りであります。(この後私は「河野官長官談話」の閣議決定を要求したが総理は拒否、また慰安婦一人一人に直接謝罪を求めたが、予算委員長は「吉川君の質問時間は終わった」と総理を指名しなかった)~~~~~~  引用終わり  ~~~~~

 

今後の活動について

 

 この議事録からも安倍内閣の強制連行否定論は、当時から破たんしていたことは明らかだが、法務省の公文書が、国立公文書館から内閣官房に移管された事で、国民は改めて強制連行の証拠に目を触れることになる。

 

 (よく知られている物もあるのだが)今回移管された文書の一つ一つの公開を政府に請求して、国民に宣伝して、「強制連行を示す記述は見当たらない」とは言えない事実を国会質問や、草の根の運動で追い詰めてゆかなくてはならないと思う。

 森友疑惑や多数の議員&大臣の不祥事。大臣や、議員の資格もないにもかかわらず見過ごされ、それでも安倍内閣の支持率は高い。それをいいことにますます危険な方向へ日本を引っ張って行きかねない。

 

「慰安婦」問題にきちんと決着を付けさせることが戦争を回避し、女性の人権を守る道であると確信をもって。(吉川記)

« 日本軍「慰安婦」博物館会議に思う | トップページ | 第62回埼玉県母親大会分科会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584638/65188708

この記事へのトラックバック一覧です: 公文書館が内閣官房へ、慰安婦「連行」文書など19件182点提出:

« 日本軍「慰安婦」博物館会議に思う | トップページ | 第62回埼玉県母親大会分科会 »