フォト

最近のトラックバック

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

«              人権侵害の歴史を忘れないために | トップページ | 国際女性デーin山口に105人集う »

2016年2月24日 (水)

日本では製作できない映画、「不屈の男 アンブロークン」

Photo

 

Photo

写真上・「不屈の男」監督のアンジェリーナ(ビッグイッシュ―2016.Feb.1)、写真下・「不屈の男」ジャケット

 

この映画のストーリーは実話に基づく。ベルリン・オリンピックで陸上選手として華々しい活躍し次の東京オリンピックへの出場を目指していた主人公のザンベリーニは、太平洋戦争とともに米空軍爆撃手となる。そして彼の乗った爆撃機が海に不時着し仲間3人で救命ボートで47日間も洋上を漂流した(一人は途中死亡)後に、日本軍に見つかり捕虜となる。彼は2年間の過酷な捕虜生活後、日本の敗戦とともに母国へ生還し2014年まで生存していた。

 

  日本軍の捕虜虐待に堪えぬく米兵

 

洋上の漂流も過酷だが、捕虜の国際条約を批准していない日本の捕虜生活は言語に絶する。人権侵害の極み、というべき虐待を体験する。捕虜収容所には他にも高名なオペラ歌手やシェフなどもいるが彼らの職業を歯牙にもかけず、また捕虜たちの人間としての誇りや尊厳を極限まで踏みにじる。捕虜収容所所長の渡辺伍長という男が英語を流ちょうに話し、サディスティックな忌むべき残忍さで捕虜虐待を楽しむ特殊の男なのか、又は日本政府の方針の忠実な実行者なのか?後者であろう。渡辺は連合軍から戦犯に問われたが恩赦で釈放されたという。

 

東京大空襲の後ザンベリーニは大森捕虜収容所から、数ある日本の捕虜収容所の中でも最悪のものとみなされていた直江津の捕虜収容時に移される。移送中空襲で瓦礫と化した東京の町中を歩かされ多数の遺体が道端に転がるさまを目撃する。捕虜たちは日本本土の空襲で日本敗戦近しと喜ぶ気持ちとその時は捕虜の殺害の時との恐れが交錯する。

 

こんなにも多数の捕虜が日本に居た事、こんな酷い虐待があったことを、直接手を下した兵士たちは語らず、政府も証拠隠滅し隠してきたため、ほとんどの一般の日本人が知らない。そのことを知るためにもこの映画は一見の価値がある。

 

        日本の映画は描かない

 

私がいつも街角で買うホームレスの自立を応援する雑誌「JAPAN ビッグイッシュ―(2016Feb.1)」の表紙はこの映画の監督、魅力あふれる女性アンジェリーナ・ジョリー監督だ。私は同誌の「不屈の男 アンブロークン」のインタビューを読んで、ぜひこの映画を見たいと思った。日本人監督による戦争映画は少なくはないが、彼らはほとんど日本の加害映画を撮らない。日本人が戦争で被害にあった話ばかりである。日本のどのような捕虜虐待が行われたのかしるべく、この映画を是非観たいと思った。

 

       独立系の映画館での上映、の意味

 

渋谷にあるこの映画の上映館は私がいつも行く映画館の中で最も少ない座席数だった。上映はどうもここ一つらしい。この映画を大きな(あえて言えば一流館を含めて)、複数の映画館で上映できない事情が、日本にはあるらしい。インターネットには「これは反日映画だ」などの口汚い「投稿」もある。そうした事よりもっと大きな黒い手が動いている或は上映館側の自主規制があるかもしれない。次のような見方がある事を紹介する。

 

〇「映画を見ていない人々によって「反日映画」と不当なレッテルを貼られた本作は、ハリウッド映画なのにシネコンではかからず、独立系の配給会社と映画館によって配給・上映される。私達はその意味を深く考えなければならない。そのためにもこの映画を見るべきだ」襟川クロ(映画パーソナリティ)~「不屈の男 アンブロークン」ジャケットP20

〇「なぜこの映画の日本公開が問題視されて来たのか、観終ってみるとわからない。じわじわと心揺さぶる人間ドラマだ」(中西愛子・キネマ旬報3上旬号)

 

       大本営発表の他にも、NHKのプロパガンダ

 

また、この映画はNHKの戦争協力対応も垣間見せる。オリンピック選手で有名人のザンベリーニの生存はビッグニュースだ。爆撃機とともに海に消えたと思われていたのだから。VOAKNHK)が彼を対米宣伝放送に利用する。彼は、捕虜収容所では文句ない待遇を受けていると言わされる。放送後レストランでご馳走を食べさせられ、さらに対米放送を依頼されるが、放送ペーパーを見て「事実ではない」と拒否し、再び虐待の待つ捕虜収容所に戻される。

 

「アンブロークン」、“折れない心“これは今の私へのメッセージでもあると受け止めた。見ごたえのある映画だった。    

                                    (吉川春子)

 

 

(ミモザの花が咲いて、国際女性デー・3月8日・も近い)

Photo_2

«              人権侵害の歴史を忘れないために | トップページ | 国際女性デーin山口に105人集う »

コメント

多数の捕虜が日本に居た事、こんな酷い虐待があったことを、直接手を下した兵士たちは語らず、政府も証拠隠滅し隠してきたため、ほとんどの一般の日本人が知らない。そうかもしれませんね。でも虐待死にならず祖国へ帰れたのですね主人公は。ソ連の不当な侵攻によってシベリアへ連れて行かれた日本人捕虜は虐待されずに皆生還したのでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584638/63258379

この記事へのトラックバック一覧です: 日本では製作できない映画、「不屈の男 アンブロークン」 :

«              人権侵害の歴史を忘れないために | トップページ | 国際女性デーin山口に105人集う »