フォト

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« どう考える? 日本軍「慰安婦」問題     5月25日 | トップページ | 第12回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議と日本のNGOの重い課題 »

2014年5月31日 (土)

国会に女性が増えると何が変わるのか

Photo Photo_2
(空色の紫陽花が好きだ。そして懐かしい茱萸・ぐみ も実った)

女性が増えると何が変わるのか 女性政治家は女性を代表するのか

 530日上智大学で、文科省の科研費を受けて調査・研究している「女性国会議員の質的代表性に関する実証的研究(代表・上智大学 三浦まり)」に属する東京、神奈川、京都の大学の女性教授6人からインタービューを受けた。

日本の女性の国会議員の比率は世界でも異常に低い。なぜなのか?そして数少ない日本の女性国会議員がどんな活動をしたのか。それは女性の政治参加にどのように役立ったか、と言う事を聞かれた。

3時間半ほどいろんな角度から質問されて、私は改めて自分の政治家としてたどった道を振り返る機会となった。主な質問は以下のようなものである。

{政治家になるきっかけ}

党から要請で八潮市議会議員及び参議院議員に立候補する際、どのような思いで決断したか

 

{国会議員としての活動}

自身が推進したいと思っていた政策。(吉川の場合)労働法制や人権に関する立法活動に積極的に進めたが、実現した要因。逆に実現できなかった政策はどのような障壁があったのか

 

{職の経験}

○参議院環境委員長、PKO特別国会理事、議運理事当歴任した。役職に就いた事で可能となった事としては何か。

○女性議員の超党派組織・婦人議員懇談会の世話人にかかわった経緯と成果

○党内で中央委員等様々な役職についたが影響力を発揮できたと考えるか

{女性議員としてのキャリア}

○国会の役職、党の役職に就任するにあたって女性であることで不利益を被った事はあるか。それとも女性である事で得をする事もあるか。

○政治のやり方が男性中心の視点や慣習からつくられていて、女性にとってはリーダーシップを発揮する障害になっていると感じたことはないか

○党の女性政策はどのように策定され、どのようにかかわりをもったか

○共産党は他党と比べると多くの女性候補を擁立しているが女性議員を増やすのにはどのような支援が必要だと考えるか。

○女性団体や女性関連政策に関する市民団体業界団体でどのくらいの頻度で意見交換の場を持ったか

 

{女性議員としての意識}

女性政治家は男性と違う価値観や感性、視点を持つと考えるか。

○政治家になってから女性であることの意識は強まったか。弱まったか。

○政治家として「女性のために行動している」と意識したか。逆に女性だけの代表とみられないために注意を払ったか

○女性の声を代弁する時、その「女性」とは主婦(生活者)を念頭に置いたか。それとも働く女性か

 

(吉川コメント)

 女性議員が増えれば政治がよくなる、とは単純に信じていないがしかし女性の政

策決定の場への進出があらゆる場で遅れている日本。その最たるものが政治家であ

り国会議員である。もっと多くの女性たちが国政の場に出られなくては民主主義と

は言えないだろう。

女性なるがゆえに選挙に出られない、という事が日本ではまかり通っている。その

点では共産党は女性の候補者が他党よりぬきんでて多い。そこにもこの日のイン

タービューの関心が集まった。同時に、共産党が選挙で当選するためのバリアーは

高い。小選挙区制が最たるものだが、国民の民意を議席に鏡のごとく反映させる仕

組みが必要である。

この日、大学教員として活躍している女性が一堂に会したわけだが、日本では女

性研究者がポストを得るために大変な苦労がある。私は国会議員としてそれを相

談されたこともあるし文教委員会で改善を求めたこともある。

この日私に質問した先生方もいろんな苦労の末現在の地位にあると推測する。彼

女たちの研究成果が立派に実ることを期待したい。

 

« どう考える? 日本軍「慰安婦」問題     5月25日 | トップページ | 第12回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議と日本のNGOの重い課題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国会に女性が増えると何が変わるのか:

« どう考える? 日本軍「慰安婦」問題     5月25日 | トップページ | 第12回日本軍「慰安婦」問題アジア連帯会議と日本のNGOの重い課題 »