フォト

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月28日 (土)

靖国神社参拝は、日本の国際社会孤立の道

Photo Photo_2

(写真左・靖国神社正面・東京の九段、右・戦争と暴力支配犠牲者の慰霊館 ノイエヴァッヘ ドイツ・ベルリン)

安倍総理の靖国神社参拝に抗議する 

 

20131228日 吉川春子

 

 

1226日、安倍総理は靖国神社に参拝した。靖国神社は、「大東亜戦争」は自存自衛の戦争でその結果アジア諸国の独立につながったとする侵略戦争に無反省の中心的な宣伝施設である。付属の遊就館ではこうした展示が大々的に行われている。しかも連合国が設置した極東裁判でA級戦犯として処刑された人物を合祀している。安倍総理は日本国憲法にも、ポツダム宣言に代表される戦後レジュームにも敵対し国際社会で孤立の道を歩もうとしている。 

 

これに対し、中国は「横暴にも靖国神社に参拝した。強い怒りを表明するとともに強く抗議し、厳しく非難する」と報道官談話を発表。王毅外相が木寺昌人中国大使を外務省に呼び厳重な抗議を申し入れた。 

 

 韓国の劉震竜・文化体育観光渉相は記者会見で「慨嘆と憤怒を禁じ得ない。韓日関係はもちろん東北アジアの安全と協力を根本から壊してしまう時代錯誤的な行為だ」との政府代表として声明を読み上げ、倉井高志駐韓日本大使を呼んで抗議した。2011年『慰安婦問題を巡って李明博大統領と野田佳彦首相の会談が決裂、同大統領の竹島上陸で関係が悪化したが、日韓関係改善の動きも出始めていた。この靖国参拝によって日韓間のすべての動きが止まるのではないかと言われている。台湾当局も、EUやロシアも安倍総理の靖国参拝を批判している。 

 

 さらに注目すべきは在日大使館が安倍靖国参拝をうけて出した異例の声明である。「日本は大切な同盟国であり友好国である。しかしながら日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動をとったことに米国政府は失望している」として、United States is disappointed と、大変強い表現であることに注目する。 

 

103日に来日した米国のケリー国務長官とヘーゲル国防長官が、普通外国の要人を政府は案内しない千鳥ヶ淵戦没者墓苑にあえて献花して注目を集めたが、これは靖国参拝をもくろむ安倍総理へのけん制とみられていた。アメリカの顔色をうかがい沖縄基地を県民に強引に推し進める安倍総理だが「戦前の日本を取り戻す」の1点は譲れない政策であるらしい。アジア太平洋戦争のA級戦犯容疑者の政治的DNAはしっかり政治的遺伝子に組み込まれている。第1次安倍内閣は『慰安婦』問題など歴史認識が国際社会、就中アメリカ政府・議会との対立の中で失脚した。歴史認識問題が第2次安倍内閣でも躓きの石となるのか。 

 

 極東裁判で戦争犯罪人を処断したが、冷戦の国際情勢が進行する中、アメリカ占領政策が変更され、日本も便乗して日本独自での戦犯の訴追は行わなかった。

 

 この点がかつての同盟国ドイツとの大きな違いである。結果、A級戦犯容疑者とされながらサンフランシスコ条約締結後、無罪放免された人物が内閣総理大臣になった。 

 

この事が中国はじめアジア人民に筆舌に尽くしがたい苦痛を与えた日本の戦争犯罪をあいまいにし、アジア人民の犠牲において経済大国となった日本は、あまつさえ他のアジア諸国を蔑視する世論を醸成して今日に至っている。 

 

しかし日本は、『慰安婦』問題はじめ戦争犯罪・加害責任に向き合うことなくしては安倍総理の愚行は人を変え時代かえて引き継がれ、再び大きな犠牲を日本人民に与える結果になるだろう。 

 

 同時に、世論操作のためにマスコミを活用する自民党戦略に空恐ろしさを感じる。仲井間沖縄県知事は沖縄県民がつよく反対している辺野古沿岸部の埋立の承認も、安倍総理の靖国参拝も年末ぎりぎりタイミングで行い、秘密保護法も含め国民の怒りも批判もテレビ報道を年末のドタバタ番組に置き換え、吸収させようとしている。 

 

報道時間が他よりは相対的に多いNHKの安倍内閣寄りは目を覆うばかりで、NHKの経営委員会(最高意思決定機関)の新任4人のうち3人が安倍総理の「お友達」で、非嫡出子相続差別を違憲とした最高裁判決を強く批判する長谷川三千子・埼玉大学名誉教授、や「自虐史観」を一貫して批判する作家・内田尚樹氏らが任命された。

 

このNHKはオリンピック東京招致の場面を繰り返し写し、都知事選の焦点は都民の生活や自民の失政批判ではなく、東京オリンピック実現であるかのように視聴者にインプットする底意がみえる。 

 

この1年歴史を前に進める意味でNGOの活動では多くの実りがあった。私自身の思考も深まった。しかし、情勢は、はるかにテンポ速く進もうとしている。来年は、歴史を逆戻りさせることを好まない人々が自らは何をなすべきか、渾身の力で考え行動すべき年である。 

                        吉川春子

Photo_3 Photo_4

(ノイエヴァッヘ内部のケーテ・コルビッツのレプリカと。右モダンな遊就館・靖国神社付属展示場の建物・右奥) 

 

 

 

 

 

2013年12月20日 (金)

今年の「慰安婦」問題の講演を終えて

Img_1449 Img_1460

(左・主催者の二人、舞台の照明テストで並んだ 右・パワーポイントを使い講演)

 母親大会の女性たちの取り組み

 12月8日午後 、栃木県壬生町の母親大会がひらかれました。私が少し早目に着くともう、数十人の女性たちが会場に集まって準備していました。会場の照明やパワーポイントのためのプロジェクターのセットを担当者が手際よくすすめます。

 参加者は約100名、オープニングは澄んだ音色のオカリナ演奏で「アメージンググレイス」、「千の風になって」でした。

 主催者あいさつ、昨年に続いて参加した小菅一弥・壬生(みぶ)町長が心のこもった来賓挨拶。続いて、DVD「15の時は戻らない」が上映されました。時々静かな溜息などが聞かれ、参加者はDVD に映し出されるハルモニの訴えを食い入るように見ていました。

 講演は吉川春子が、「日本軍『慰安婦』問題の真実―人権平和を考えあう」と題して1時間10分お話ししました。質問の後フィナーレは全員で「ふるさと」を3番まで合唱しました。毎年このように地域に根差した母親大会を開いている女性たちの努力に感動しました。

 

 地域で開く講演会の重要性

 「慰安婦」問題は被害者は女性で、女性の人権問題ですが、いまや外交、国政、歴史認識など大問題になっています。国民の認識が変わらなければ政治を動かしての解決はできません。草の根の地道な取り組みこそが解決への第一歩です。

 特に今年は私の講演がこの壬生町を含めて46回を数え、自分自身学んだことが多かった1年でした。会場からの質問や意見、聞いている方々の反応で講演で一番勉強するのはほかならぬ私です。話の内容は講演のテーマによって少しづつ違いますが、話していて、反応を見てまた次回は講演の内容を変えたりします。

 今年一つの結論に達しました。いま、この目標はある程度達成されたのではないか、と言う事です。

 私たちが「慰安婦」問題を学び謝罪・補償実現を目指して、「『慰安婦』問題とジェンダー平等ゼミナール」(=「慰安婦ゼミナール」)を立ち上げて3年半です。きっかけは、「『慰安婦』問題ってなーに?なんていまさら聞けないわ」という声がでてこの問題を学びましょうとゼミナールを開いて活動を続けてきました。その結果というべきか、五月の橋下発言に対し世論は怒り日本維新の会の支持率は一気に下がりました。「慰安婦」は必要だった、などという認識を社会が受け入れなかったのです。

 9月に「ナヌムの家」のハルモニを迎えて証言集会を持ちましたが、みなさんは平均年齢が88歳を超えて生物的生命の限界に達しようとしています。

 今必要なことは「慰安婦」問題の解決とは何か、また、解決のために私たちがなすべきことは何か、と言う事です。政府に「慰安婦」問題の解決を迫ることに加えて、解決のために市民レベルで何ができるか、と言う事です。それをすぐに実行に移す必要があります。

 「慰安婦」問題について学んだ多くの女性達とともに解決のために、行動を起こすこと、これが待ったなしの課題なのです。来年はこの方向で頑張らねばと思っています(終)

写真左・母親大会会場を飾った、藤木智恵子さん作成の見事なオブジェ、右・咲き誇る山茶花(春日部の庭)

Img_1463 Img_1471

2013年12月18日 (水)

吉見裁判、一緒にアクション!

 Img_1468_2 Img_1466_2

写真上・法務省の煉瓦の美しい建物の隣が東京地裁、写真右・国会図書館から見る議事堂側の銀杏の紅葉

12月11日(水)に東京地裁で「吉見裁判」の第2回口頭弁論が開かれました

 

 「吉見裁判」とは日本維新の会の桜内文城衆議院議員に対して吉見義明中央大学教授が名誉棄損で訴えた裁判です。

2013年5月13日、橋下大阪市長の「慰安婦」が必要発言は大きな批判を浴びました。それに釈明する形で橋下市長は5月28日に外国特派員協会で記者会見を行いました。その場で司会者が吉見教授の著書に触れたことに対して、同席していた桜内文城議員が「これはすでにねつ造であることがいろんな証拠によって明らかにされている」と発言しました。

 

吉見教授は20年以上にわたって日本軍「慰安婦」問題を追及してきました。桜内議員の発言は吉見先生の研究活動にけちをつけるのみならず人格をも貶めるものではないでしょうか。先生は桜内議員を被告にして発言の撤回と謝罪を求めて提訴したことは当然と言えます。

第1回口頭弁論は10月7日に開かれ「慰安婦は性奴隷か」が全面的に争われる可能性も出てきました。

 

第2回口頭弁論のこの日、開廷の1時間以上前から傍聴券を求めて長い列ができました。抽選の結果、 「慰安婦」問題とジェンダー平等ゼミナールからは吉川春子、池田靖子、菅間轍夫妻が傍聴しました。

「邪馬台国が機内にあるのか九州にあるのかの争いのようなもの」などという被告側の屁理屈のような主張は、聞いて気持ちいいものではありませんでした。

大森典子さんが主任弁護人として裁判長に対し原告側の要求をつたえて頑張っていました。「慰安婦」問題でのタカ派勢力の跋扈を許さないためにも、ぜひ裁判に勝ちたいものです。当会としても全力で支えてゆきましょう(吉川)

 

 以下は池田靖子さんの報告です。 

吉見裁判の終了後の集会語られた事はおおむね以下の通りです。

 

被告側はややこしい表現をしているが、「これは 捏造だ」ということは、一般的には「吉見さんの本が捏造だと言うように受け取る。つまり、吉見さんの長期間にわたる事実を 書いた本をインチキと一般的に受け取ることが当たり前である」といっている。

 

 したがって、吉見側弁護士が厳しく裁判官に要求し、次回3月の裁判で明らかにすることが認められたことが有利に展開できると確認しました。つまり、吉見さんの本に書かれてある。 「慰安婦」は性奴隷であることの、事実をていねいに主張し、インチキではないことを明らかにする。インチキ(捏造)であることは全く事実に反するので、間違いなくこちらが有利である。 証拠はたくさんあり、反論の余地はない。「ウソなのに、本当のように書いたのだ」というけれど、被告側がウソだと言う証明はできないはずと、吉見さんも感想を述べていました。 

 

○ 次回の裁判の日程 2014年3月3日(月)午後3時 東京地裁103(予定)

 

○ YOSHIMI 裁判一緒にアクション 2014年1月11日(土)14:00~16;30

 

 場所:韓国YWCA 9階 国際ホール

 

 

2013年12月 7日 (土)

「秘密保護法」の可決を、暗黒時代へのエポックとしない!

 ある朝ぼくは目覚めて そして知ったさ

 この世につらく悲しいことが あるってことを

 グリン グリン 青空には かすみ たなびき 

 グリン、グリン 丘の上には 緑がゆれる

 我が子が小さい時私は 少年がある日突然を母親失う悲しみに出会い父親から勇気づけられるこの歌を、何度も口ずさんだ。

 その時パパは言ったさ ぼくを胸に抱き

 つらく悲しい時にも 泣くんじゃないと

 ・・・

 2013年12月7日未明、特定秘密保護法は自民公明両党のみの賛成で成立。公明党はいかに与党でいなければならない党内事情があるにせよ、完全に自民党と一体の反動政党に成り下がった。

 明治憲法というそもそも欠陥だらけの基本法の下、治安維持法という国民の基本的人権を奪う法律(1925年)が最後は死刑をもって違反者を処罰することで国民のj自由を完全に奪い、1941年、日本は破滅への道、太平洋戦争に突き進んだ。その72年目の記念日を目前にして、同じ道をたどる前兆なのかと思われる、とんでもない法律が成立した。

 しかも国会審議をないがしろにして、日本国憲法の定める三権分立、二院政をないがしろにして、ただただ悪法成立させたいという与党の思惑のみで突っ走った結果であった。

 議院内閣制は国会の力を奪うのか?そうではあるまい。この何十年かの、内閣機能強化の立法が、こうした形で現れることを私は参議院議員としても警戒し、国会質問で追及してきた。私の在職中でも、「国権の最高機関」を内閣に変えようとする法律改正が数々行われてきたからだ。行政改革や政治改革の美名で、どんどん内閣の権限が強化され、国会は数の上でも弱体化してきた経緯がある。(国会議員が副大臣、政務官の形で内閣のメンバーに取り込まれていった)

 それにしても与党議員は完全に内閣の僕であり、走狗であり、国権の最高機関のメンバーであることの任務を放棄した。恥を知るべきである。

 安倍自民党に絶対多数を許した昨年の総選挙の結果は慙愧に堪えない。それにしても一年の間にこれほど暴走するとは!安倍内閣・自民党には、「大東亜戦争」肯定の東京裁判のA級戦犯の霊が乗り移ったかのようだ。 そして原発の再稼働、新設を含む方針まで打ち出している。

 一方、これほど広範な国民各層が、短期間に反対、懸念を表明した法案は稀有であろう。ジャーナリスト、作家、写真家様々な分野の芸術家集団…。そのほかの国民も世論調査の結果で過半数が反対の意思を表明している。こうした法案を強行採決するという内閣のセンスは独裁国家をほうふつさせる。

 

 つらく悲しいことがあっても 泣くんじゃない

 悔し涙をふりはらって、日本国憲法が育ててきた戦後民主主義の精神が国民の深く根付いていることを確信して、平和、基本的人権、生存権保障のために前に進みましょう!!

 

2013年12月 5日 (木)

秘密保護法案の強行採決に抗議する 法案を廃案にしよう

Img_1446 

(各紙も「秘密保護法案の反対のキャンペーン)

秘密保護法の強行採決に抗議する! 

世紀の悪法を廃案にしよう!

 

 安倍内閣の暴走の中でも最も許しがたい秘密保護法案が参議院で強行に採決されようとしています。風雲急を告げる国会の状況が、当ゼミナール世話人の池田靖子さんから送られてきました。以下メールを転載します。

 

池田靖子です。
秘密保護法案のたたかいが全国的に盛り上がっていますが、昨日は横浜の仲間と国会行動に参加し、夕方の有楽町駅前で緊急に行われた野党7党の共同集会の行動にも参加できました。
長い間、生きていろいろな行動に参加してきましたが、歴史の転換点を感じました。
人間の鎖、国会前の各所での集会、議員要請など、あらゆる共同の行動が自発的に自由にそして連帯して、行なわれ、全体的な指揮も個別の指揮も、それぞれが個性的に 行われ、パワー満開でした。議員要請も、理解が不十分な秘書、たたかっている議員、それぞれにそれなりの、主権者の怒りの行動を受け止めてお互いに学ぶことのあった行動だと確信します。
とりわけ、7野党の緊急集会は歴史的な行動でした。維新・みんなの党からから始まって 民主・共産・生活・社民・新党改革と、それぞれ立ち居地が異なっても、自民・公明の 民主主義を破壊する審議のあり方に共同の意思表明でした。徹底審議で審議の延長、廃案しろと、それぞれ各政党の主張がおもしろかったですが、昨日の時点で一致していた民主義の破壊、めちゃくちゃな審議、公聴会無視など、さすがに怒りは一致し、とりわけ社民みずほさんの演説のうまさには圧倒されました。民主(海江田さん)共産(志位さん)の内容は短時間で本質をくっきり浮き彫りにし、これだけの歴史になかった破壊的な政治に対決する内容でした。もし、やられても、これから立ち向かう動きに自信が持てる行動で、参加した仲間とともに、貴重な体験を確認しあいました。(以上)

 

 今回は珍しく多くのマスコミが法案への反対や懸念を表明しています。報道の自由や国民の知る権利への重大な侵害であること、何よりも福島原発事故で重要な情報を国民に隠してきたことも体験しているからです。

「慰安婦」問題にしても政府は多くの重要資料を個人情報であることを口実に公開していません。政府が1992年に行った16人の韓国人「慰安婦」の聞き取り調査の結果さえ開示していません。

秘密保護法案に対しては日本の各界の人々が反対し、さらに公聴会でもほとんどの公述人が反対の意見を述べ、参議院の参考人質問では与党推薦の参考人まで不安視しています。

こうした幅広い反対を押し切ってまで強行するのはなぜか。少なくともこのように世論の反対の強い法案は、2つや3つの国会を経て議論してきたものです。安倍内閣は、提案したとたんに審議時間も全くかけないで一つの国会で通してしまおうとしていますが、今までは(私の議員経験からは)考えられなかったことです。

安倍内閣の狙いは日本を戦争ができる国にすること、そのためには何よりも国民に真実を知らせないことから始まるのです。法案の内容も国民に知らせないうちに成立させてしまおうとしています。石破幹事長に至っては「デモは民主主義と異なる」と述べて国民の基本的人権まで押さえつけようとしています。

 このような危険な自民党に絶対多数を与えてしまったことは慙愧に堪えません。今となっては、危険なおごりの政党に国民の世論で包囲し、秘密保護法のたくらみを打ち砕こうではありませんか。(吉川記)

 

2013年12月 1日 (日)

11月の「慰安婦」問題の講演をまとめて報告します

 11月は私たちの第12回ゼミナール(別途ブログに掲載予定)を開催するなど忙しく過ぎ去ったので、講演活動についてはいちいちブログにアップする時間がとれませんでした。以下に各地での『慰安婦』問題講演ををまとめて報告します。

○ 日本軍「慰安婦」問題を考える集い

参加人数:40人

日   時:11月6日(木)夜7時~

場   所:埼玉県和光市 白子コミュニr日センター視聴覚室

主   催:白子・下新倉九条の会・新婦人和光支部後援

 

○ 文京革新懇 記念講演

「戦争の中の女性」-いま改めて問う日本軍「慰安婦問題

1311

(文京革新懇で講演する吉川) 

参加人数:50人

日   時:11月9日(土)午後2時~

場   所:東京都文京区男女平等センター 研修室A

(なお、東京都大島を直撃した台風で34人死去。会場で被災地支援のカンパが訴えられました)

○ 犬山母親大会 講演 

 「戦争の中の女性」ーいま改めて問う日本軍「慰安婦」問題

参加人数:60名

日   時:11月16日(土)

場   所:愛知県犬山市 南部公民館2階和室

Photo

(母親大会実行委員会の皆さんと)

主   催:犬山母親大会実行委員会(新婦人犬山市部、犬山市職員組合、日    本共産党犬山委員会、年金者組合)

○どうなっているの?日本軍「慰安婦」問題

参加人数:63人

日   時:11月30日(土)13時30分ー

場   所:埼玉県草加市ハーモネスタワー2階集会室

Img_1441

主   催:日本共産党草加市女性後援会

なお、吉川の講演のほか、次の方々の報告もありました

★ハルモニとともに20年歩んできましたー信川美津子

★「慰安婦問題早期解決のために意見書を町議会で採択-柴田広子

<会場から出た質問・意見>

◎子供の時に父親が戦死した靖国派の友人がいる。彼女は『何べん謝ったらいいの』と聞いてくる。説明しても納得しない。親戚の叔父さんが「彼女たちは金をもらっているから仕方がないんだよ、と言っていた(68歳女性)

◎元中尉の老人が戦後は寡黙でかしこい人だった。認知症になって老人ホームに入っている。夜中に起きては『俺は何人もやった(殺した)』と叫ぶ。家庭では子供を虐待した。

◎ ワイツゼッカーではないが「慰安婦」もナチスに劣らない犯罪だ。北朝鮮にも「慰安婦」はいた。謝りたくて仕方がない。

 子どものころ仲のいい男の子がいた。何年かのちにその子の母親が自殺したことを聞いた。母親は「慰安婦」だった。その子の家に遊びに行っていたが普通の母親だった。父は軍人で、男の子は母親の籍に入っていた。「慰安婦」時代のトラウマがそうさせたのではないかと思っている。(女性)

◎40年前の毎日新聞の写真集に「従軍慰安婦」の写真載ったが明るいものだった。給料もらった女性と性行為した。一人一人に給料払った。名簿もあるといわれている。国家補償はすんだと思っていた。男性)

◎ 講演会で「サンダカン八番娼館・望郷」を上映した。からゆきさんの墓碑がみんな日本の方向を向いていたのは郷愁の心」 男性としてのあるべき姿を問われた思いがした。

*ボルネオのからゆきさんの墓碑は実際は日本に背を向けて立っている、という。日本への怒りという人もいるが地形がそうさせていると山崎朋子さんの著書で語られている(吉川)

 映画文化の中で「慰安婦」問題が取り上げられたのか。日本の加害については「人間の条件」の中で少し触れていただけで他はほとんどない。(男性)

ボンソンフア

 和光市9条の会で「鳳仙花」(ボンソンフア 金亨俊・作詞 洪蘭は作曲)を合唱団が歌いました。朝鮮の歌といえば「アリラン」しか知らない私は、とても韓国の歌に心動かされた。

かきねのほうせんかよ

姿がかなしい

はるかな夏の日 美しく花咲く

きれいな娘ら 喜び遊ぶる

やがて夏去り 秋風そよふき

美しい花びら 哀れに散りゆき

つぼみも枯れはてその姿かなしい

北風ふきつけ 姿は消えても

平和を夢み お前の心よ

うららかな春に 再び花咲け

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »