フォト

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月29日 (月)

元兵士の描く「慰安婦」の絵、生々しく舞台に登場、名古屋の集会

PhotoPhoto_2
(写真左・新内「文弥アリラン」は会場の涙を誘った、右・全員で「むくげの歌」をうたう)


 4月28日、名古屋市で、「慰安婦」問題ってなぁに?ー日本国憲法・「慰安婦」そして次世代へーが開かれ、会場いっぱいの350人が参加し熱気に包まれました。会場の外は右翼・「在特会」による妨害者を会場に入れまいと阻止する主催者側の女性たちと私服刑事という物々しい風景でしたが、中の集会は平穏に行われました。

 メインイベントは安川壽之輔・名古屋大学名誉教授、吉川春子・元参議院議員、池住義憲・立教大学教授の座談会 憲法24条、9条、18条そして「慰安婦」です。歴史的事実とは…「慰安婦」の年表から見えてくるもの(安川)、国内世論は 「慰安婦」、憲法、次世代へ(吉川)、国際社会は「慰安婦」問題を今…との立場からまず発言しその後会場からの質問に答えました。

 ある男性は「『慰安婦』の人数は何人かとの質問に対し、安川さんは『国連は20万人としている」と答えました。吉川は、吉見中央大学が少なくも7,8万人、恐らくは十数万人以上、との試算を示していることを紹介し「韓国で20万人、中国でも20万人いるとされ、東南アジアまで日本軍の行くところすべてに「慰安所」があったが、日本政府は証拠を焼却・隠滅しているのではっきりした数字は分からない。日本人「慰安婦」は一人も名乗り出ず、国連の数字にも含まれていない」と答えました。

 ある女性は「自分の世代の父、祖父に当たる日本兵士が「慰安婦」への行為を明らかにできなかったのはなぜか」「天皇の責任まで発展させるべきだ」と発言しました。これに対し吉川は「戦争犯罪について日本自身では一人も訴追していないので裁判で明らかにすることはできなかった。出征兵士以外の国民は「慰安婦」の事実について誰も知らなかった。ドイツは10万人以上のナチス協力者は訴追されている。「『ナチスの子供たちが父親の戦争犯罪を知って家族崩壊の例もあり、血の出るような努力をして歴史に向き合った。日本は歴史を忘れ、兵士自身も口を閉ざして墓場まで持っていった」と語りました。

 

 フィナーレは「ハルモニへのオマージュ」独唱・穴沢源子(元二期会会員)、「むくげの歌」みんなで歌おう、です。その舞台に登場したのは縦150センチ横百センチ程と思われる大きな「慰安婦」の絵、約二十点です。全裸の女性、兵士が女性に馬乗りになっている場面、銃剣で脅す兵士など、なまなましいもので会場は息をのみました。これは画家だった亡き夫が書き残したものとして夫人が寄贈したものです。その方は妹さんに手を引かれて舞台に登場し、司会者が彼女のメッセージを代読しました。

 東京の憲政記念館では歴史健忘症、ナショナリストの首相が国民の声を踏みにじる4.28集会を強行する中、名古屋では歴史にしっかり向き合い、日本の将来を誤らないという意義深い集会が行われたのです。

Photo_5Photo_3

 Photo_4
(写真は舞台いっぱいに登場した、今はなき画家の残した「慰安婦」の絵)

 

 

2013年4月27日 (土)

非正規をばねに国政の候補者に

Photo_2 Photo

  三月二十五日(日)(写真左・唐沢さんを囲んで長和町議、高村県議・左前、吉川)

 先の日曜日には満開の桜に雪が降ったという、まだ冬の延長の長和町で、唐沢ちあきさんを囲む会がひらかれました。夏の参議院選挙の候補者として長野県下を駆け回っている唐沢ちあきさんはこの日は上小地区を駆け回る日程で、良いお天気で、昼下がりにもかかわらず40人が参加しました。女性が多くさんかしました。

 唐沢さんはなぜ、国政候補者となったのか。彼女は高校の先生の労働組合の書記として働く前、非正規の公務員労働者として働いていました。「公務員はいいね」と窓口を訪れる市民はみんな言うそうですが、彼女の給料は10万円、年収は160万程度だたそうです。同じ仕事をしているのにどうしてこんなに給料が安いのかと怒りを感じ、転職をしました。

 42歳、独身。小さなスカーフを首に巻いて、きびきびとした話しぶりの中にも自分の体験を非正規労働者の地位向上につなげたい、何よりも若者たちが将来に希望が持てる社会にしたいという思いが彼女の演説からあふれていました。会場から「女性ならではの苦労がありますか」との質問が出ました。「『女には政治は任せられない』と言われることがあります」と率直に答える唐沢さん。

 私も「あんたのような娘っこに安保なんかわかってたまるか!」と街頭演説で罵声を浴びせられた事を思い出しました。日本の男女平等度は低く女性国会議員の率は国連加入国のランクで百数十番目という低さです。女性に対する偏見、政治は男が担うものという偏見をはねのけて女性が国政に進出することが女性が五十%以上を占める非正規労働者の地位向上につながるのです。唐沢さんの奮闘を期待しています。

(語る会に先立って美しい音色のハーブの演奏があった)

Photo_3

2013年4月14日 (日)

満蒙開拓団義勇兵、蟻の兵隊そして八路軍・・・侵略軍の体験を語る

4月13日(土)

 Photo Photo_2

(写真左・講演する吉川、右・主催者の皆さんと)

栃木県宇都宮市で「日本軍『慰安婦』問題の真実」~人権平和の考える~,新婦人県本部の「春の学習会」に会場いっぱいに、92人が参加しました。吉川春子元参議院議員の60分の講演の後、フロアーからの質問が相次ぎました。

 ある男性は安倍首相が「慰安婦」はいなかった等といっているが、「慰安婦」はいました。特に日本人「慰安婦」は将校用として多数いた。彼女達は話したくないのだろう。自分は満蒙開拓団少年義勇軍として中国の東北地方に送られ、その後捕虜になり八路軍の人民解放軍に入ったと、体験を生々しく語りました。

  「自分は、解放軍に入り河北省にいた。大原で(吉川講演で)蟻の兵隊と言われたが、終戦後も残され残留部隊に入った。そこで戦友たち500人もの犠牲者(戦死者)がでた。

  日本軍は中国人民の抵抗が激しいので三光作戦(奪い尽くす、焼き尽くし、殺し尽くす)を行った。ある時民家で妊娠した女性を発見した。彼女は纏足(てんそく)していて、よろよろとしか歩けない。これは幼児の時に布をぐるぐる巻きにして足の骨の成長を止めるもので、女性はその結果足の骨が変形しており逃げられない。革命前の中国では女性蔑視から人権蹂躙の風習が一般的にあった。

 日本兵達は『いいものを見つけた』とばかり次々とこの女性を強姦した。強姦後は銃剣を突き付けて女性を殺した。女性だけでなくお腹の子どもも殺した。

 日本敗戦後、中国ではこのまま日本兵を日本へ帰国させれば戦争は又起きる。中国は二度と戦争起こしたくないと、八路軍が河北省で捕虜となった日本兵の教育をした。自分も教育を受けてから帰国した」

 この元日本兵の方の体験談に参加者は息をのみました。日本が戦争中に中国大陸で人民に何をしたかの一端を示すこの事実は参加者に衝撃を与えました。 『慰安婦』問題は象徴的な例ですが、中国大陸ではこれに何倍かする多くの女性に対する凌辱がおこなわれたのです。証拠隠滅のため殺すという事も多く行われました。

 今起きている韓国、中国との領土紛争等の背景には戦争の恨みは消えていない人民の感情もあると思われます。私達は今、加害の事実を知ることが近隣との友好関係を打ちたてるために必要です。日本人は『戦争はこりごり』という思いで戦後を生きてきましたが加害者であった事はあまり認識していません。政府が侵略戦争無反省で証拠を隠滅し口を拭ってきたことが主因です。

 第2次大戦の時に日本と同盟国だったドイツのようにホロコースト(ユダヤ人大逆殺)等ナチスの犯罪について徹底的な反省を政府も国民も行っている例があります。これに対して過去をなかったことにする日本は国際社会で厳しい批判を浴びているのです。

 過去ときちんと向き合い反省する国という基準にふさわしい政府を打ち立てましょう。私達の選択のチャンスはこの夏の参議院選挙です。

2013年4月11日 (木)

上尾支部新婦人、茅野市女性後援会主催の講演会

 Photo_2 Photo_3

(右・会場の窓から見ると外は桜満開) 

各地でいろんな団体の主催で『慰安婦』問題について語り、学習しようという動きが広がっています。

 3月31日(日) 上尾市文化センター401会議室に於いて「本当のことを知る新婦人の会学習会」が開かれました。「旧・日本軍『慰安婦』の実態」と題して吉川が講演60分の後、新婦人の企画としてナヌムの家に行って来た山岸明子さんが熱く韓国訪問について報告しました。元教師の大塚精子さんが自宅の庭の巨木の散りかかった枝垂桜の枝を持参し花瓶に挿し山岸さんが県会議員立候補の時の時代の思い出と東北の災害について語りました。会場からも報告があり話が大いに盛り上がりました。

 4月6日(土)長野県茅野市、茅野地区コミュニティーセンターで、共産党女性後援会主催で、「学んで輝く春のつどい」が開かれました。夏の参議院選挙の長野地方区候補の唐沢ちあきさんが、選挙必勝の決意を述べました。続いて吉川が「憲法改悪と『慰安婦』問題」と題して1時間の講演しました。その後出席者がそれぞれ持ちよった御馳走を囲んで懇親会が開かれました。寒天の産地なのでゼリーのお菓子が何種類も出たり、栗ごはん、ちらしずし、信州名物の漬物など夕飯が入るかと思うほどのご馳走でした。翌日は下諏訪から乗車しましたが強風のため特急が1時間半おくれ新宿に到着しました。

 上尾も茅野も女性同士が普段から地域での活動を通じて結びついて、いろんなことを学び積極的に生きている中高年女性の毅然とした姿に接した思いです。(上・会場風景、下・左から吉川唐沢ちあき長野選挙区候補、毛利前長野県会議員)

Photo_5

Photo_4

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »