フォト

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 第1回総会開く、記念講演は笠原十九司都留文科大学教授 | トップページ | 上尾支部新婦人、茅野市女性後援会主催の講演会 »

2013年3月31日 (日)

DVD「15の時は戻らない ナヌムの家のハルモニ達の証言」を見るご近所の会

3月28日(木)

 昼下がり、春日部市の野津山さんのお宅に”向こう三軒両隣”の方が集まり、「慰安婦」の被害者の証言・記録映画(32分)を見る会が開かれました。ごぼう茶のサービスと各自が持ち寄ったミカン、お菓子等を食しながら、吉川の説明を20分ほど聞いた後にDVD「15のときは戻らない」をテレビに映して見ました。

 朴玉善(パク・オクスン)さんと、李玉善(イ・オクソン)さんの二人のハルモニ(韓国語で「おばあさん」の意)の話に、みんな引き込まれてゆきます。また韓国の大学生とおばあさんたちのと楽しい交流、生徒と学生で埋められた日本大使館前の水曜デモ、音楽とダンスに見ている表情が緩みます。

同時に配られたカラーのA4 [資料]は「今までのなかで一番わかりやすい」(野津山さん)と評判でした。

 見終わって、みんなで感想を出しあって雑談を1時間半くらいしました。ほとんどの方は「慰安婦」問題についてあまり深く知らなかったので、驚きは新鮮、そして、いろんなところに話が発展しおしゃべりを楽しみました。

 野津山さんが口火を切りました。「女性の差別が根っこにあるのではと思った」

 初めて本格的に話を聞いたという方は、「14歳の少女に1日に40人もの日本兵の相手をさせた事にびっくりした」と。

 「女性は拉致されたんですね。ということは北朝鮮の拉致問題と同じではないか、と思った。自分は、女性たちはみんな進んで『慰安所』に行ったとばかり思っていた」と感想が出されました。

 そう、日本はいわゆる「拉致問題」の起きるずっと前にその何百倍もの朝鮮半島の人々を拉致、あるいは騙し、あるいは国家総動員法を名目にして、強制労働に駆り立てたのです。マスコミは「拉致報道」は熱心でも、日本が拉致した話は全く報道しませんので一般の人々はご存じないのです。 

 吉川は女性が強制連行されたり騙されたりして「慰安婦」にさせられたにもかかわらず、安倍総理はこの「強制連行」を否定していることをお話ししました。

 話は朝鮮人を日本人がどれほど差別してきたかに及び、各人の子どもの頃の朝鮮半島の人々との思い出に花が咲きました。

「日本人はいなかったのですか」との質問がありました。

 これに対して、館山市の「噫 従軍慰安婦の碑」があり、これはトラック島の日本人「慰安婦」城田すずこさん(仮名)の強い願いで施設長の牧師が建立したものである話をしました。戦前の日本は飢饉の際に東北地方等で娘を遊郭に売った話や、カラユキさんについて話が発展しました。

 吉川が、娘を親が売ることが犯罪として禁止されたのは2005年!であることを説明しますと、驚きの声が上がりました。

こうして、 話合は夕方近くまで続きました。

(写真はDVDの表紙「15のときは戻らない ナヌムの家のハルモニ達」)

 2 

« 第1回総会開く、記念講演は笠原十九司都留文科大学教授 | トップページ | 上尾支部新婦人、茅野市女性後援会主催の講演会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 第1回総会開く、記念講演は笠原十九司都留文科大学教授 | トップページ | 上尾支部新婦人、茅野市女性後援会主催の講演会 »