フォト

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 家族制度に関するアンケートの各党の回答 | トップページ | ニューヨークタイムズ社説の厳しい安部総理批判 »

2012年12月30日 (日)

安部総理の復活

 まるで悪い夢でも見ているような総選挙の結果でした。事もあろうに自民党が大勝し、加えて更に右寄りの(極右ともいうべき)維新の会が一定の議席を得るとは!そして選挙後、維新の会と第3極争いを演じた日本未来の党が旬日を待たずに解体。社民、共産党の後退と相まって日本は平和、民主主義、人権尊重勢力にとって冬の時代を迎えたと言えましょう。

 投票率が低い、そして女性の投票率は男性のそれを下回っているという結果もショックでした。女性が参政権を得た1946年以降2000年初め頃までは女性は男性よりも投票率が高い状態が続いていましたが、最近の数回の国政選挙では女性の投票率が男性を下回ってきています。パート等の非正規の多くは女性で経済的自立ができず、配偶者のDV に耐えて暮らさなければならない女性が多い現状で、政治を変えてほしいと思っている人は多いはずです。今度の自民党大勝利は、女性の投票率の低さも貢献しているとしたらこんな残念なことはありません。

 さっそく安部氏は憲法改正に言及しました。即ち、憲法96条を改正して改憲には衆参で議席の3分の2が必要という現行条文を過半数にする。それは「日本維新の会とみんなの党と連携する事で可能になる」との考えを述べています。たしかにこれらの党が連携すればこの条文の改正は可能です。しかも、今回の選挙で憲法9条改正に賛成の議員が75.6%に当たる343人が当選したのです(東京12月18日報道)。自民党が狙うのは9条(戦争放棄)、1条(象徴天皇)、24条(両性の本質的平等)の規定です。憲法「改正」が今後政治の焦点になるでしょう。

 第2次大戦後「なぜヒトラーを阻止できなかったのか」とドイツ国民は繰り返し議論したということです。私は父に 「あの戦争を何故起こしてしまったの?どうして反対しなかったの」と言って父を何度も怒らせました。今度は私が子や孫たちに「お母さんなぜ、日本の反動化を防げなかったの」と問い詰められる番です。せっかく獲得した日本国憲法を手放さないために、しゃにむに頑張らなければと、年末に考えています。

  

« 家族制度に関するアンケートの各党の回答 | トップページ | ニューヨークタイムズ社説の厳しい安部総理批判 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安部総理の復活:

« 家族制度に関するアンケートの各党の回答 | トップページ | ニューヨークタイムズ社説の厳しい安部総理批判 »