フォト

最近のトラックバック

2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

「噫従軍慰安婦の碑」を訪ねて

 3月25日(土)東京駅集合で館山にバス旅行を行いました。出発時は雨でしたが晴れ女が3人乗っていたため、現地は晴れ、帰りのアクアレインからは逆光の富士がくっきり沈む夕日が海をキラキラ照らしていました。
 11時すぎ大巌院に到着、館山のNPO理事長の愛沢先生に四面石塔の説明を受けました。海鮮料理の昼食後、「かにた婦人の村」で「噫 従軍慰安婦の碑」を見学して、礼拝堂の地下室で城田すゞこさんの遺影に献花。
 城田さんはミクロネシアのトラック島等で「慰安婦」とさせられ辛くも生還しましたが、仲間の女性たちはジャングルに捨てられ獣の餌食にされる等悲惨な体験がいまでもPTSDとして夜も眠れない。せめて杭の1本でも立てて女性たちを慰霊してほしいと当時の深津施設長に懇談しました。
 1985年除幕式に車いすで参加した彼女は太平洋に向かって「みんなここに帰っておいで」と何度も叫んでいたそうです(天羽道子さんの話)Photo_2

2012年3月18日 (日)

「噫 従軍慰安婦の碑」を訪ねる旅

 房総半島の館山市、に日本人「慰安婦」として唯一名乗り出た、城田すずこさんの要請で建てられた碑があります。春の1日、菜の花と青い海に囲まれた「かにた婦人の村」を訪ねます。

また、大厳寺の四面石碑を見学します。この石碑には、南無阿弥陀仏の字が日本語、中国語、梵字に加えてハングルでも記されています。これは秀吉の朝鮮侵略の後、国交回復のために朝鮮から使いが送られてきた「回答兼刷還使」ゆかりの石碑ではないかといわれています。韓国と朝鮮の歴史もたどってみましょう。

                 記

日   時:2012年3月24日 AM8:15集合 PM18:30帰着
集合場所: 東京駅丸の内中央口 丸ビル横
費   用:一人 6000円
申込先:TEL&FAX:0422-43-5730(後藤) 
                             03-3941-4838(吉川)

4mensekihi_4



« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »